『本気でペイント』は沖縄の元気な街を彩る外壁塗装のブランド

MENU

Service

事業内容

施工対象物件

  • 戸建住宅
  • アパート・マンション
  • 商業施設(その他)
  • 工場の外壁リフォーム
  • 屋上防水

    屋上防水

  • ひび割れなどの補修

    ひび割れなどの補修

  • 外壁塗装

    外壁塗装

  • 付帯工事<br>(水道管・アルミ設備・看板取り替え等)

    付帯工事
    (水道管・アルミ設備・看板取り替え等)

塗料や施工方法の選定

塗料や施工方法の選定の画像

弊社の工事で使用する塗料は、これまでに数多くの実績と高い評価を受けている国内有名ブランド、メーカー品を自信をもってお勧めいたします。
施工方法につきましても、日々研究を重ね、仕様を守って誠実に取り組むことが第一と考えます。

こんな現象はありませんか?

チョーキング現象

チョーキング現象の画像

チョーキングとは雨や風、紫外線や熱などにより塗膜が分解して、塗装表面が白い粉状になることで、塗替えの目安と言われています。

苔·カビ

苔·カビの画像

塗膜の劣化により防水効果がなくなると外壁が保水するようになりカビなどによる黒ずみやシミが目立つようになります。これらの根が内部まで入り込むと、建材の劣化を早めてしまいますので、早めの塗替えがおすすめです。

ひび割れ

ひび割れの画像

壁にひび割れ(クラック)は入っていませんか?ひび割れは、雨漏りやコンクリート内部の鉄筋を錆びさせるなど、建物の強度低下につながる重要なシグナルです。

爆裂

ひび割れの画像

ひび割れから雨水などが侵入すると、コンクリート内部の鉄筋が錆びて膨張し、鉄筋周辺のコンクリート片を押し出してしまいます。重度の場合、中の鉄骨が露出、コンクリートが欠落してしまう恐れもありますので早めの補修をおすすめします。

シーリングの劣化

ひび割れの画像

サッシ周りや外壁の目地などに充填されたシーリング材は、紫外線などの影響により劣化します。
雨漏りや建材の劣化の原因になります。

屋上防水・外壁リフォームの目安・時期

屋上防水・外壁リフォームの目安・時期の画像

屋上防水は、新築1年以降(セメントのアクを出し切った後)に防水施工することで比較的安価に対応することができます。新築から10年程度経過した場合は、下地調整なども必要になります。
外壁塗装は新築時に使用した塗料の種類・立地条件・自然環境にもよりますが、10年を目安にご検討することをお勧めしております。

施工保証

施工保証の画像

最大で10年の施工保証をお付けしています。
リフォームとして行う外壁塗装・屋上防水は傷んだ建物に施工するものであるため、どんなに品質の高い工事を行ったとしても「工事完了で終わり」というわけにはいきません。メンテナンスが重要な課題として残ります。
工事完了後から始まる弊社とお客様とのおつきあいを大切にしたいと考えています。施工後の不具合や気になる点などが見つかりましたらお気軽にお問い合わせください。